外装

エイプカスタムその26.シフトペダル交換

2輪MT車には必ず装備されているシフトペダル。踏む・引き上げるを延々と行うパーツです。社外品だからといって特別な機能が付加されるわけではありませんが、アルミ削り出しということで高級感のアップを図ります。
外装

エイプカスタムその25.リアブレーキディスク化

XRモタードの足回りを入手し、Apeに移植するカスタムの続きです。フロント周りのディスク化に続き、今回はリアのディスク化に挑戦します。スイングアームとそれに付随するパーツを丸ごと移植するので簡単にできると思うのですが、どうでしょうか・・・?
電装系

エイプカスタムその24.ホーンとウインカーブザー(直流化応用編)

Apeの直流化に関連した作業を2つ。かなり貧弱な音の純正ホーンをちゃんと音の出るものに交換します。また、ウインカー消し忘れ問題で以前行ったハイビーム灯インジケーター化に続き、追加対応として他車のウインカーブザーを流用して音が出るようにします。
外装

エイプカスタムその23.Apeフェンダーレス化(保安部品対応)

前回。Apeのフェンダーレス化に取り組みましたが、純正フェンダーを外したためにリフレクターも無くなってしまったので、保安基準を満足さない状態になってしまいました。今回はその問題を解消するとともに、三角ステッカーも再装着することにしました。
外装

エイプカスタムその22.Apeフェンダーレス化+α

外装カスタムの定番であるフェンダーレス化。お尻周りをスッキリさせてくれる半面、Ape独特のスタイリングを大きく変えてしまう(かもしれない)諸刃の剣です。今回はSP武川のフェンダーレスキットを格安で入手したので思い切って取り組もうと思います。
電装系

エイプカスタムその21.プラグコード交換(NGKパワーケーブル)

イグニッションコイルで発生させた点火用の電気を伝達するのがプラグコード(プラグケーブル)。電気抵抗を極力抑え、ノイズの発生しにくい社外品に交換することで点火性能がアップし、加速力や燃費の向上が見込めるそうなので、早速トライしてみました。
電装系

エイプカスタムその20.CDI交換(ミニモト・パワーレブ)

オークションを徘徊していた時に目に留まったパーツ、CDI。点火に関する電装パーツですが、正直どの製品が良いのか、自分のバイクに合うモノなのかがわかりません。チューニングしたマシン向きのパーツのようですが、果たして・・・
外装

エイプカスタムその19.ハンドル回り仕様変更(集合スイッチ他)

Apeの純正ウインカースイッチはプッシュキャンセル式ではなく、とても使いにくいので集合スイッチを付けました。また、今回ハンドルをXRモタード純正のものにしたついでに、ハンドルグリップ・クラッチレバー・スロットルコーンも変更しました。
外装

エイプカスタムその18.フロントブレーキディスク化(作業編)

Apeをディスク化するにあたり、構成パーツの調査など色々準備をしてきましたが、ある時見ていたネットオークションでXRモタードの前後足回りを見つけ、即落札。これまでの調査はどこへやら、全移植という形でディスク化を行うことになりました。
外装

エイプカスタムその17.フロントブレーキディスク化(お勉強編)

Ape初期モデルのウィークポイントとも言えるドラムブレーキ。これをディスクブレーキ仕様にするのがApeカスタム定番メニューの1つです。今回はフロントブレーキをディスク化するにあたって、その方法を色々調べていたので、その内容をご紹介します。